アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「コミュニケーション」のブログ記事

みんなの「コミュニケーション」ブログ


こころと脳の対話

2011/02/23 17:07
いや〜興味深く読ませていただきました。

もの凄く面白かった。


こころと脳の対話
潮出版社
河合 隼雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by こころと脳の対話 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



河合隼雄と茂木健一郎の3回にわたる対談を収録したもの。

河合隼雄のことは私は最近知ったばかりで、

実際に話している姿も見たことはないのだけれど、

まるで目の前で対話している2人の様子が目に浮かぶようで、

話の盛り上がりがそこに居合わせているかのように伝わって来、

内容の奥深さ、興味深さについ、引き込まれ、一気に読んでしまいました。



そして、巻末の新潮社のコメント・・・

・・・・・出版をご了承いただいた河合先生のご遺族に

あらためて感謝申し上げますとともに、

先生の生前のご功績を偲び、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。


のくだりに、思わず涙が出そうになった・・・。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ブレーンストーミング

2011/02/20 22:56
ブレーンストーミング・・・私にとってはちょっと懐かしい・・・

先日のカウンセリング講座の、た「大切な人とわかりあえる解決法」という講義で紹介された手法だ。

根底となる考え方、人間心理、さまざまなエピソードを交えての講義を受けていると、

この手法の有用性が良く理解できる。

だかしかし・・・実際の現場では・・・


================


かつて、私が某メーカーの商品開発部門に勤務していたころ、

所属するグループで、ブレーンストーミングを実施してみようということになった。

目的は何であったかすっかり忘れたが、

たぶん、こんなものあったらいいなというような、

斬新な新商品に結びつくようなアイデアを出し合おうということだったのではないかと思う。

でも、結局、無難な意見がでるにとどまり、たいして盛り上がりもせず、

これといった商品に結びつくようなアイデアもまとまらなかったように思う。

================

その頃の私は、心の中では少々疑問を感じていたのでした。

「しょーもないアイデアばっか出したって、誰がこんなもの欲しいの・・・?

こんなことで企業として世に出す商品決めちゃっていいの・・・?」

他の人がだすアイデアに否定的な感情を持ってしまうのでした。

だからといって、自分はといえば、さほどすばらしいアイデアを出せるわけでもなく・・・。

たぶん、難しく考えすぎていたんでしょう。

または、気負いすぎていたのかも。

形式をなぞらえるだけで、本当には理解していたかったのかもしれません。

他のメンバーも真面目すぎて、とんでもなく外れたこと、言う人がいなかった。

多分言ったとしても、結局、笑われて終わり・・・だったかも知れません。

(それじゃ、いけないのにね。人の意見に批評をしないのが、ルールですもの。)

そう、テーマもアバウトで、漠然としすぎていたのかもしれません。

=================

この手法を実践していくには、

メンバーの一人ひとりが、この手法の基本的な考え方をよく理解しているか、

メンバーをひっぱていくリーダーが、熟知している必要があるなと感じました。




それにしても・・・

***** あの頃、所属していた部門では、

通常業務とは別に、有志だけで自主的なプロジェクトチームみたいなものを組んで、

定期的に集まってミーティングしたり、

今思えば、面白い環境にいたんだなぁ・・・ということに今更気づかされました。

もっと大切に過ごすんだった*******




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自分にはできないこと。

2011/01/26 11:31
理論などはきちんと学ぶのだけれども、

実践するとなると、うまくできなかったり、

人前にでると頭がまっしろになって何も話せなくなってしまったり、、

よくあること・・・。

私もそういうタイプである。

**********************

「英語なんかでもそうなんだよ。日本人てものすごぐよく勉強はするだろ、
でも実際に話すとなると、話せない。
うまくやろうとするから話せなくなるんだよ。
うまくできなくたっていいんだ。やってみればいいんだよ。
要は何を伝えたいか、なんだ。」

カウンセリングの先生が、先日の食事会でそんなこと言ってた。

***********************

うまくやらないと、、、失敗の無いように、、、

スマートにさらりとかっこよく、、、。

何かにつけ、そんなこと無意識のうちに思ってたような気がする。

ばかにされたくない、見下されたくない、

恥かきたくない、自分を良く見せたい、、、。

一生懸命に考えながら、、、人前に出るときは・・・。


何故?


それは自分の中に、

気が弱くて、引っ込み思案で、

何にもうまくできなくて、とろくて、人についていけなくて、

いつも馬鹿にされて、からかわれて、いじめられてる、

子供の頃の自分がいるから・・・。


それが本当の自分だから・・・。


そんな自分をいつも隠して、

作り物の自分を演じている。


そんな感覚・・・。


それも長年繰り返していると、結構板についてきて、

今では人からの評価は子供の頃とは随分と違う。


どう見られるか、だけじゃなくて、

私だって随分と相当に悩み、

努力もしてきたつもりなんだ・・・。


それでも、未だ、

多分、一生、

普通の人が普通にやっていること、

人間として、生き物として、ごく当たり前のことが、、、

私にはできない。


一生、できない・・・。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


救助のメッセージ

2011/01/23 21:49
昨日のカウンセリング講座で学んだ自己開示メッセージ。

「救助のIメッセージ」

職場及び関係者のほとんど全ての人達に向けて。



「これは私のほうから話し始めている話なので、

できる限り簡潔に伝えるから、まず最後まで聞いて欲しいんです。」



・・・これではNGかもしれない。
なぜなら、最後まで聞いて欲しいんです・・・のくだりが、
相手に向けられているかもしれないと思うから。
ではどういったらいいのか、、、わからない。




これは非常に難しい。

なぜなら、実際にはほとんど全てに人が、上記のことを言い終わらないうちに、

(よくて一行目終わりのあたりで)

自分の方がしゃべり始めてしまうからです。

日常のこの繰り返しが、コミュニケーションを悪くし、非常にストレスフルなのです。

そして、本人はその無礼さ、いい加減さに、全く気づいていないというところが問題。

でも、相手を変えようと思ってはいけないとなれば、

私はどう対処すればいいのか?
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


感謝のメッセージ

2011/01/23 21:28
昨日のカウンセリング講座で学んだ自己開示メッセージのうち

感謝のIメッセージ。

職場のCADオペレーターのある女の子に向けて。



このあいだは、私の細かい要求や指摘で何度も図面修正に応じてくれましたね。

また、クライアント先からのデータ変換の要求にも、

あなたはまだ不慣れなのに、自分で調べたりして迅速に対応してくれました。

おかげで、クライアント先の担当者からは、とても感謝されています。

ここのところ、ちょっとギクシャクしていた相手だったけど、

おかげでその後の打合せはスムーズに進んでいるし、

信頼も取り戻せたように感じます。

本当によかったです。

ご苦労様。

そしてありがとう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今、起きている事は全て正しい・・・

2011/01/16 21:31
昨日、カウンセリング講座のあとの食事会に参加できなかったせいだろうか・・・?

今日1日、気分が重い。

落ち込み癖だろうか・・・。


昨日の講座の内容を、先生が話していたことを、

繰り返し繰り返し思い出す。

今日1日、考え続けている。

猿真似の話、オウム(真理教)の話、

抑圧され画一的なことを良しとされる今の子供たちの教育。


最新の診断テストを、先生が子供だった頃の気持ちになって試してみたら、

結果はみごとに多動児とでたとのこと。 

今なら完全に児童相談所送り。

個性を受け入れ育てるアメリカに行ってよかったと・・・。

自分はそのまんま大人になった、と・・・。



帰り道で、なんかじんときた。

なんか分からないけど泣きたくなった。



今日、自分の子供時代のことをずっと考えてる。

問題児だったこと。

友達と外で遊ばない。

人と話すことができない。

小学校に上がってからも、歯医者さんや小児科で、先生に自分のことを話せない。

ただもじもじして黙ってるだけ。

母に話してもらわなければならないのだ。

自分に自身がなかった。

************************

親の転勤で、2回も小学校を転校した。

そのたびに、新しい環境で、うまくなじめるのか、いじめられないか、怖かった。

3つ目の小学校で、男子からの多少のいじめはあったものの、

女子にはまあまあいい友達ができた。


ところが、同じ社宅に住む、2つ年上の子に、、、

「しちゃんて、問題児だったんだって〜〜〜」

って馬鹿にされた。

恥ずかしかった。

誰も知らないはずだったのに。

親がその子の親に話していたのだ。

自分の親は、私を苦しめようとしているのか、と思った。

親を恨んだ。

今、考えても、私の親は本当に私を大事に思っていたのかと疑問に思う。

気持ちの上で、だ。

私が親だったら、そんなこと、他人には絶対に言わない。

はっきりとそう思う。

*********************

中学校のころ、

そのときよく一緒に下校していた友達に、言われた。

「なんか、やだ〜。うっとしいーよ。だっていつもあんたって、そうねぇ、そうねぇ、ばっかで、
自分はこうとか何にも言わないんだもん。」

そう、自分に自信ないし、私は誰に対しても劣っているような気がして、

何もいえなかったんだ。

自分がどう思うとか、もなかった。

*********************

昨日の講義で同じテーブルで、向かいに座っていた女の子。

学校で、女子からいじめにあって、今でも女子のグループに入っていくのは怖いらしい。

だからいつも一人で行動するとのこと。

「一匹狼みたいに」だって。

勉強会とか、目的を持った集まりなら平気だけど、

なんとなくつるんでいる女子グループはだめだとか。

私となんか精神的な共通点ありそうな気がする。

彼女のほうがうん〜〜〜と私より若いけど。

****************

・・・講義後にE先生がテーブルに近づいてきて、

その女の子に話かける・・・

私はなんとなく、女の子のほうを見てる・・・

その後、先生と目が会った、いや、先生はちゃんと私のほうも見ていてくれたんだ。

ふっと、なんか気づいた。

女の子・・・

私の子供の頃の気持ち・・・。本当の自分。

カウンセリングを学ぶ理由、

そして私の人生のミッション、

もしかすると、そこのところに、答えがあるのかもしれない。


そう、今、私に起きている事は全て正しい。





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


潜在意識の奥底には・・・子供の頃の自分がいる・・・?

2011/01/15 22:51
本日はカウンセリング講座の日でした。

今日の講義は第2講。

第2講から受講をはじめた私にとっては再受講です。

仕事の関係で都合がつかず、やむなく第2講、第4講という順序で受講し、

先週、第1講を受講して、「あれっ?」と思った。

やっぱり順番に受講しないと、なんかしっくりこないな・・・

と感じ、第2講の再受講を申し込んだ。

来週は第3講。

再受講を織り交ぜて、順番に受講していけば、より学びも深くなるだろう。



ところで、毎回、講義終了後に、自由参加の食事会があるのだが、

何故だか私はこれに参加することができないでいる。

別に都合が悪いわけではないのだが・・・。

講義終了後に参加人数確認のため、挙手を求められるのだが、

このときは私は手を上げる。

だが、開始までに少々時間があり、

間が持たなくなって帰ってしまう。

間が持たない・・・というより、どうも、食事会という場に本心では気乗りがしないのだ。

交流したいし、せっかくだから話を聞きたいし深めたい。

でも、なんか気後れ・・しているのだろうか。

今日も、講義前までは、今日こそはと思っていたのに、

やっぱりだめだった。

せっかくE先生にも声をかけてもらったのに・・・だ。

(E先生の目にどう映っていたかはわからないけど、凄く凄く嬉しかった。)

もの凄く内気になっている自分がいる。

そういえば子供のころ、そうだった。

皆の中になかなかうちとけられなくて。

今の私は、違う。普段の私は。

人に接するのが好き。人前にでるの楽しい。

大人になって訓練されて、随分と変わった、はずなのに・・・ここへくると・・・。何故?

潜在意識の奥底には、やっぱり何かあるのかもしれない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


年末にはいろいろ考えたけれど・・・

2011/01/03 21:33
あっという間に年が開け、もう3日経ってしまいました・・・

年末には、お正月休みには親とじっくり話をしようとか、

いろいろ考えてたけど、結局、どうっだったんだろ・・・

また父親と喧嘩してしまった。

でも、それで良かったのかも・・・

本当はいつまでも変わらないでいたい・・・

明るく明日のことを考えながら、

少しずつ先々のことを話していければいいのかも。

今年は去年より、もう少し親に会いに行こう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


復縁屋・・・

2010/12/29 23:26
今年はいろいろなことがあった。

ホントに、いろんなことをした。

人にはちょっと言えないようなことも・・・ それが一番大きい今年の出来事。

1月に出会った、たった1回会った人を追い求めて

復縁屋なるものに手をだした。

偶然再会するための工作を依頼したのだ。

大金を叩いてしまったけど、これは私にとって非常に意味深い経験だった。

工作員の接触現場の詳細な報告、その際の彼の行動、言動、

また相談員と私とのやりとり・・・

そんなことを、およそ半年間続け、

結果的に私がやっていたことは、自分自身を省み、見つめ直すことだった。

結局、彼とは会わなくて良かったのだと思う。

復縁屋の相談員、工作チームの方々にも感謝している。

頭の下がる思いだ。

人の「心」を扱う仕事ってすごいなと思った。

こんな世界があるんだと初めて知った。

カウンセリングというものに興味を持った。

心理学の世界にも興味を持った。

そういった世界をいろいろ知りたくて、

ユングやフロイトや、カウンセリングや心理学の本、

とりあえず私にも理解できそうな読みやすい本を手当たりしだい読みあさった。


1年以上前に興味持ってそのままになっていたNLPの体験講座に行ってみた。

その講座で偶然同じテーブルに同席した同年代と思しき女性は心理カウンセラーだった。

セレンディビティ・・・


その女性に某協会の体験講座を教えてもらい、行ってみた・・・・

そして、今、その協会のカウンセリング基礎講座に通っている。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今年一番の思い出は・・・

2010/12/29 22:45
今年、一番いい思い出になったのは、ニューオーリンズに行ったことかな。

2度目だけど、今回の方が良かった。

画像



画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
両親が元気なうちに・・・
両親が元気なうちに・・・ ここのところ、街中で、電車の中で、店内で、マンションの中で、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/23 20:43
親が死ぬまでに聞いておきたい45のこと
親が死ぬまでに聞いておきたい45のこと 「親が死ぬまでに聞いておきたい45のこと」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/23 01:15
人間関係コミュニケーション講座 
今日は人間関係コミュニケーション講座 基礎コース前編の2回目の受講だった。 今回は、「悩み取り去るマイクロ・カウンセリング」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/18 23:29
なんか違和感・・・
先週から某協会のカウンセリング講座(正しくは人間関係コミュニケーション講座基礎コース)を受講し始めた。 この協会のスタッフ(ボランティアもいるみたいだけど)は皆、とにかく明るい。 皆、この協会の卒業生だったりするから、悩みなどもろもろ解消できていて、精神的につえ〜のかな・・・? と思ったりするが、、、、 単に明るい、というだけでは感じがいいとか、対応がいいとかいうことにはならない、と感じさせられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/09 01:00

トップへ | みんなの「コミュニケーション」ブログ

ひとりごと コミュニケーションのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる