ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS ブレーンストーミング

<<   作成日時 : 2011/02/20 22:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ブレーンストーミング・・・私にとってはちょっと懐かしい・・・

先日のカウンセリング講座の、た「大切な人とわかりあえる解決法」という講義で紹介された手法だ。

根底となる考え方、人間心理、さまざまなエピソードを交えての講義を受けていると、

この手法の有用性が良く理解できる。

だかしかし・・・実際の現場では・・・


================


かつて、私が某メーカーの商品開発部門に勤務していたころ、

所属するグループで、ブレーンストーミングを実施してみようということになった。

目的は何であったかすっかり忘れたが、

たぶん、こんなものあったらいいなというような、

斬新な新商品に結びつくようなアイデアを出し合おうということだったのではないかと思う。

でも、結局、無難な意見がでるにとどまり、たいして盛り上がりもせず、

これといった商品に結びつくようなアイデアもまとまらなかったように思う。

================

その頃の私は、心の中では少々疑問を感じていたのでした。

「しょーもないアイデアばっか出したって、誰がこんなもの欲しいの・・・?

こんなことで企業として世に出す商品決めちゃっていいの・・・?」

他の人がだすアイデアに否定的な感情を持ってしまうのでした。

だからといって、自分はといえば、さほどすばらしいアイデアを出せるわけでもなく・・・。

たぶん、難しく考えすぎていたんでしょう。

または、気負いすぎていたのかも。

形式をなぞらえるだけで、本当には理解していたかったのかもしれません。

他のメンバーも真面目すぎて、とんでもなく外れたこと、言う人がいなかった。

多分言ったとしても、結局、笑われて終わり・・・だったかも知れません。

(それじゃ、いけないのにね。人の意見に批評をしないのが、ルールですもの。)

そう、テーマもアバウトで、漠然としすぎていたのかもしれません。

=================

この手法を実践していくには、

メンバーの一人ひとりが、この手法の基本的な考え方をよく理解しているか、

メンバーをひっぱていくリーダーが、熟知している必要があるなと感じました。




それにしても・・・

***** あの頃、所属していた部門では、

通常業務とは別に、有志だけで自主的なプロジェクトチームみたいなものを組んで、

定期的に集まってミーティングしたり、

今思えば、面白い環境にいたんだなぁ・・・ということに今更気づかされました。

もっと大切に過ごすんだった*******




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブレーンストーミング ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる